ふぐ料理VS…?

ふぐ料理
冬に食べる鍋で一番旨いのは?今日の昼の雑談から

最近寒くなったので、冬の鍋の話しになった。
一番旨い鍋は何か?候補は

・ふぐ鍋
・あんこう鍋
・水炊き
・石狩鍋
・たらちり
・水炊き
etc

みな美味しそうな鍋で候補を出した人それぞれ自分の主張した
鍋料理が一番旨いと言う。旨さに絶対的な基準がないから難しい。

昼の間中、喧々諤々で鍋No1の結論は出なかったが、唯一結論が
出たのは〆の雑炊はふぐ鍋が旨い!ということ。

やはり、ふぐ鍋の〆の雑炊は旨い。
ふぐや野菜のうま味がたっぷり入っているのが効いている。
ふぐ雑炊用に出汁として売り出したら結構行けると思うけど
どうだろう?

鍋の結論は出た時に…。


ほぼ日手帳

ほぼ日手帳
これは先日のブログの続き。一番使い勝手のいい手帳は何か?への解。
http://infowits.seesaa.net/article/107651960.html

1年間だけフランクリンプランナーと並行してほぼ日手帳を使っていた。
ほぼ日手帳公式ガイドブックも売られている。
ほぼ日手帳公式ガイドブック.jpg

フランクリンプランナーで言えば、手帳で夢を叶えるとか7つの習慣が
これに該当するだろう。
一応日本だけではあるが25万人が使っているようだ。

使い方はいろいろで汎用性が高い(ビジネスからプライベートまで)
ということでフランクリン王ランナーと並行していたが、
汎用性があるということはある意味使えないのと同じであった…。

目的も無く、スケジュールもちょっと管理したい。メモ帳もあった方が
便利かなという程度の使い方であれば使いやすいと思う。

学生や主婦の人なんかいいのではなかろうか?
ビジネスにおいてもスケジュール管理やプロジェクト管理、
日々の目標管理をするにはちょっと足りない。
ビジネスで使うには書くスペースが足りない。

それの反省なのか今年からA5サイズが発売されるようだ。
これは要チェック。

文庫サイズのものはビジネスには合わないと思います。

次回は超整理手帳について

フェアリーケーキフェア

フェアリーケーキってなんだ??自分の中の疑問

たまに通りかかる、東京駅のグランスタの中の
FairlycakeFari(フェアリーケーキフェア)ってお店。

フェアリーケーキって妙な名前だなと思っていたら、
イギリスのお菓子の名前だそうだ。

小さいカップケーキをフェアリーケーキと呼び、大きめのものを
アメリカンマフィンと呼ぶようです。

そんなフェアリーケーキ専門店でした。
マフィンだとエリザベスマフィンとか有名だが、
ここのは全然違う!

まずきれい。
いちごミルクフェアリーケーキ
いちごミルク.jpg

塩キャラメルフェアリーケーキ
塩キャラメル.jpg

買ってみたけど美味しいです。
クライアントへの差し入れとして持って行ったら非常に
喜ばれました。

皆さんもグランスタへお越しの際は寄ってみてください。

東大合格生のノートはかならず美しい

東大合格生のノートはかならず美しい
大学受験を控えた娘さんがいるA部長から、漠然と「何かないか?」という質問。

大抵はこちらが仕入れた新ネタを披露すれば話しは終わり。
なので先週読んだばかりの東大合格生のノートはかならず美しいを紹介しました。

この本は東大合格生のノートとその美しさの相関性に気づいた
著者が東大合格生のノートを集め、集計しそこから共通した
法則を見つけ出したもの。

読んでみて結構目から鱗が落ちました。これはみな東大を受けることを
勧める本ではなく自己啓発本であり、社会人が読んでもノウハウは
使えます。

この本が良いのは原寸大でノートがカラーで紹介されており、
受験生はもちろん、社会人になってスクールに通っている人は
かなり参考になるのではなかろうか??

A部長に話しをすると、「買って来て」と言われたが、
近隣の書店でも売り切れ本なので、amazonで代わりに注文して
おきました。

内容には興味深々で唐突な「何かないか?」もやり過ごせたので
良かった〜。

おからアイス

おからアイス

って旨いの?
今日のおやつに隣のOさんが大胆にもデスクでアイスを食べていた。

見たことないアイスだったので聞いてみると
おからアイスとのこと。
おからアイス!?なんじゃそりゃと思ってると今オフィスの
女性たちの間で秘かなブームなんだそうだ。

おからアイスはこんな感じ。楽天に詳細があります。



しかも作ったのは、大手メーカーでもなく、どこかのベンチャー企業でもなく高校生!!!


おからで驚き、高校生が作った商品が世に出ていることで二度びっくり。恐るべしおからアイス
敬意を表して楽天にて購入しました!
早くこないかな♪




産経ニュース080730より引用
徳島・小松島西高の“模擬会社”

 高校の授業から生まれたヘルシーなアイスクリームはいかが? 徳島県立小松島西高校商業科の授業で生徒が知恵を絞り、おからを使ったアイスを商品化したところ、全国から問い合わせが来て人気を呼んでいる。

 起業家教育の授業で設立した“模擬会社”の「TOKUSHIMA雪花菜(おから)工房」が販売。知的財産権を学び、商標も登録した。味はスダチ、ヤマモモ、鳴門金時など地元産の素材を生かした5種類。添加物を減らし「自然な甘みでおいしい」と評判だ。

 社長から広報部長まで生徒が務め、企業や市町村との仕入れや販売の交渉も生徒が担う。ベンチャー企業から転職した鈴鹿剛教諭(36)が4年前から指導。県産品を使ったオリジナル商品を目指して企画したのが、おからアイスだった。

 カロリーが低く、食物繊維が豊富なのがウリのおからに、牛乳やスダチなどを加えて完成する。値段は250円と高級アイス並みだが、舌触りを滑らかにする工夫をした新商品を5月から売り出したところ、2カ月ほどで約1万5000個を出荷。スーパーのほか、イベントに呼ばれて販売するまでになった。

 イベントではアナウンスを担当する営業部長の岡本絵美さん(17)は「販売活動を通じて新しい自分を発見できた」と話している。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。