スマートフォン(ブラックベリー)は流行るか??

スマートフォンについて
今日気になるニュースを見かけました。
NTTドコモがブラックベリーの最上位モデルを投入するようです。
ブラックベリー.jpg

いわゆるスマートフォンだが、流行るかなぁ。
ウィルコムのスマートフォンは持っている人をちらほら見かける。
ウィルコムのものと比べると、まず格好悪い。

機能は記事を読む限り素晴らしいのだが、持ちたい!
という物欲が刺激されません。
電話やメール機能がイマイチはiphoneが売れたのは持ちたい!
という物欲を刺激したからではなかろうか??

法人向けではしぶしぶ使わざるを得ないユーザーも自分で買うとなるとどうなんだろう?音楽なんかも再生出来るみたいだけど…。

ドコモはブラックベリーと組んだし、ソフトバンクはiphone出して
auはどうするのか??

以下asahi.com(9/30)
 NTTドコモと、カナダのリサーチ・イン・モーション(RIM)は9月29日、スマートフォン「ブラックベリー ボールド(BlackBerry Bold)」を09年1-3月に発売すると発表した。ブラックベリーシリーズの最上位モデルで、フルブラウザ機能やメール閲覧のほか、動画や音楽などのエンターテインメント機能を新たに搭載。価格、料金プランは未定で、ドコモでは詳細を今後詰めるとしている。

 サイズは高さ114×幅66×厚さ15mm、重さは約136g。2.7インチで解像度が横480×縦320ドットのハーフVGA液晶をディスプレイに採用。約200万画素のCMOSカメラを内蔵し、128MBのフラッシュメモリ、データ保存用に1GBのメモリを搭載する。入力にはPCと同じ配列の QWERTYキーボードとトラックボールを備える。

 通信機能ではNTTドコモの通信速度が最大3.6Mbps(メガビット/秒)のHSDPAサービス「FOMAハイスピード」、800MHz帯を利用するFOMAエリアプラスに対応。IEEE802.11a/b/gに対応した無線LAN機能やGPS(全地球測位システム)も盛り込んだ。

 これまでブラックベリーはおもに法人ユーザーを対象にネットやメール、セキュリティ機能などに主眼が置かれていたが、新端末では個人ユーザーの取り込みを狙い、動画や音楽機能といったエンターテインメント機能を盛り込んだ。

 動画機能ではWMVやMPEG、DivXといったファイルの再生が行えるほか、内蔵カメラを使って動画撮影が可能。映像は毎秒30コマで表示する。一方、音楽機能ではMP3やWAV、AACなどのファイル再生が可能。iTunesと連携して楽曲やプレイリストの管理も行える。

 ドコモでは新型ブラックベリーを法人向けにはサーバーと組み合わせたソリューションに加え、個人向けにも販売する。発表会でRIMのドン・モリソンCOOは「ボールドは画面もキレイでウェブブラウジング、マルチメディアにも対応した端末だ」と自信を見せた。

 NTTドコモの山田隆持社長は「ブラックベリーボールドはPCの利便性を手のひらに凝縮したスマートフォン。ボールドで新規需要や2代目需要を喚起していきたい。基本的には法人に軸足を置いて、法人 7:個人3の割合で販売していく」と抱負を述べた。また、09年には米グーグルの携帯電話OS「アンドロイド」を搭載した端末やノキア製の端末など10機種のスマートフォンを投入することも明らかにした。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。