電子タバコで禁煙??

電子タバコで禁煙

電子タバコって知ってる?とあるクライアントから聞かれました。

その方もまた聞きらしく、電子のタバコなんてないよねと
その話しはなくなったのですが、なんか面白そうと、
雑学王の上司に聞いてみた。

そしたら何と、電子タバコを取り出したではないか!!
驚き。
RUYANというらしい。

充電式でタバコ状の筒にカートリッジを入れて吸うようだ。
そのカートリッジがニコチン味だったり、メンソールだったり、
イチゴ味だったりする。

上司が持っていたのはイチゴ味。上司と間接キスするのは
嫌だったので、我慢して見てました。

それで禁煙するのだとか…。

イメージは電子禁煙パイポといったところか。

もらいものらしいが中国産なので健康を害さないか心配しながら
電子タバコを吸っている上司を見てちょっと悲しくなりました。

以下wikipediaより電子タバコについての記述
一般的に喫煙に利用されるタバコとは違い、霧状の微粒子を吸引させることでニコチンを摂取させる器具で、タバコ燃焼に伴うタールや一酸化炭素などを含まないとしている。

形状は葉巻(いわゆるシガーなど大振りのもの)や喫煙パイプなどを模したものがあるが、充電式バッテリーと噴霧器としての本体、ニコチン希釈液が染み込ませてある円筒形のカートリッジから構成されている。製品としてはこれに充電器が付属されており、カートリッジは密閉パッケージに一つずつ収められセット販売されている。

カートリッジをケースから取り出して充電済みの電池と共に本体にセットし、吸引を開始するとスイッチが入り噴霧器が動作、吸引によって吸い口から霧状のニコチン希釈液が出る。これは口腔内に含んだ程度では霧状のままのため、そのまま排気すると煙のように見える。これを深く吸引した場合には、その吐気は煙状には見えない。

ニコチン希釈液には煙草を模した香料などが含まれるカートリッジがあるが、果物など、それ以外の風味を模した香料のカートリッジもある様子で、また噴霧器には何段階かの強弱設定も設けられている。カートリッジによっては濃厚にニコチンを含むものから、禁煙パイプのようにニコチンを含まないものも流通しているようである。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。