石垣島ラー油

石垣島ラー油(自分の中の疑問:なぜにラー油?)

金曜から有給を取っていた隣の部署のYさんが旅行で石垣島に行っていたみたい。石垣島土産ということで
石垣島ラー油をくれました。

石垣島でなぜラー油?と聞いてみたら、プリプリ怒りながら、
これはものすごい人気なんです!と言われてしまった。
生産もとはペンギン食堂ってなってるし、怪しい思いつつ
ありがたく頂戴しました。
石垣島ラー油.jpg


調べてみると、ほんとにすごい人気ではないですか、石垣島ラー油!
先ほど酒のつまみにYさんお勧めのクリームチーズの石ラーがけを
作ってみた。作ったというか、ただかけただけだけど。

旨い!普通のラー油と違って石垣島ラー油はマイルド。

卵かけごはんの時に醤油をたらして石垣島ラー油をちょっと
入れると絶品らしいので、嫁がいないときにやってみます!

石垣島ラー油とは(wikipediaより)
沖縄県石垣島にある「辺銀(ペンギン)食堂」で作られていて、 その生産量と販売店の少なさから、ファンの間では「幻のラー油」とも呼ばれている。このラー油の誕生以降、八重山諸島では続々と 黒米や塩といった郷土の特産品が商品化された。八重山諸島を含む沖縄の特産品業界が、石垣島ラー油の刺激を受けて活性化している。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。