松尾ジンギスカン

松尾ジンギスカンの話

札幌出張でおいしかったものを教えてください。(後ろの席の子より)

ジンギスカンと聞いて食べるジンギスカンを思い出しますか?
歌のジンギスカンを思い出しますか?

私は後者で「ジン、ジン、ジンギスカーン…」の歌が脳内を
駆け巡ります。

が、先日出張で札幌に行った時、ジンギスカンを食べてきました!

行きの飛行機の機内雑誌でジンギスカンの特集があり、
ジンギスカンの歴史が書いてあり、発祥は「松尾ジンギスカン」という
お店らしい。

「松尾ジンギスカン」って...やった!支店の人が予約してくれた店だ!

楽しみに行って来ました松尾ジンギスカン。
2時間食べ放題飲み放題で一人4,000円。

東京ではありえない値段
ジンギスカン.jpg

旨そう〜!!ジンギスカン鍋は肉は焼いて、その肉汁が鍋の周りに
溜まってそれで野菜を煮るって感じです。

肉は臭みがなくてかなり旨い!ビールとも合う合う。
そして、肉汁で煮るうどんの美味しいこと。

食べ放題だけあってたらふく食べました。

ジンギスカンはタレと生があり、タレは漬けダレに漬けてあるものを
焼くスタイル。松尾ジンギスカンはタレの王様だそうだ。

生は味の付いていないジンギスカンを焼いてタレに付けて食べるスタイル。どっちも変わらない気がするが...。

お土産は罰ゲームとして定番のジンギスカンキャラメル!は買いませんでした…。改良されて美味しくなったという噂だが、この世のものとは
思えません。興味があればお試しあれ!
ジンギスカンキャラメル.bmp

歌のジンギスカンはドイツのバンド?で、
バンド名のジンギスカンが大ヒットしたようです。

その他、「目指せモスクワ」とか「さらばマダガスカル」なんて曲を
歌ってます。

閑話休題
北海道以外のジンギスカン…
長野県においては、「遠山ジンギスカン」などに代表されるように、漬け込み肉のジンギスカンが主流であり、地元メーカーの味付けマトンが容易に手に入る。同じ漬け込みタイプの北海道産と比べて味付けがかなり異なり、どちらかというと一般的な焼肉のタレに近いまろやかな味付けである。長野県でも近年北海道産のジンギスカン用つけダレが販売されるようになっている。逆に長野県産のつけダレが北海道で売られる例はほとんど見られない。

山形県米沢市の羊肉のなみかたではオリジナルの味噌ダレを使った義経焼きという料理がある。「義経が生きていてモンゴルに渡りチンギス・ハーンになったのではないか」という伝説を元にジンギスカン=義経という事で義経焼きになった、というのが名前の由来とされる。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。