セグウェイ体験記

セグウェイって乗ったことありますか?(休憩室での会話から)

セグウェイ体験!

先日セグウェイに乗ってみました。5分500円。高っ!

セグウェイ.jpg

ま、乗る機会は滅多にあるものではないので、ま、いいかと
お金を払って試乗。

係員が簡単に操作を教えてくれました。ほんと簡単に...。

運動神経があまりない私はちょっと不安でしたが、比較的簡単に
乗れました。

注意事項として、スピードの出しすぎに注意されましたがどうやっても
スピードが出ない(^^;)
走るのと大して変わらないかも。

操作は簡単で誰でも簡単に運転出来ます。

曲がる時も簡単に曲がれる。タイヤがまっすぐなのに曲がってしまうのがすごく不思議。公園で遊んだら楽しいだろうなと思います。

最近はセグウェイのレンタルもあるようなので
借りてみてはいかが??
子供は大喜び間違いなし!

セグウェイの操作方法(wikipediaより)

セグウェイを稼働させてから操縦可能な状態になるまで。

セグウェイには、ハンドルの中央にストップウォッチのような小さい液晶を用いた装置がある。この装置には対角線上に4つのボタンがあり、稼働させるには左下の電源ボタンを押して液晶を表示させる。この液晶には「バッテリーの容量」や走行時の最高速度を動物のマークで示す機能等がある。電源を入れた状態では、まだ操縦は出来ないので、足で調整をする。

1・ハンドルを垂直に立てると、足もとのLEDが地面と平行では無いことを示す「赤」色のランプが点灯する。 念の為に足を乗せると、セグウェイ自体が一瞬振動して操縦者に走行不可能ということを知らせる機能が働く。

2・ハンドルを操縦可能な位置に調整すると、足もとのLEDが「緑」色に変化して、操縦可能な状態に変化する。 足を乗せると、セグウェイが既に操縦可能な状態になっているので、前に押し出されるように動く。

以上の2つの行程を経て、セグウェイが操作可能となる。つまり走行ができるようになる。

基本的に、アクセルは無く、体重を前に置く(重心を体の前に移動させる気持ちで)感じで前進する。 ブレーキに該当する操作方法は、走行中に体の重心を足の土踏まずあたりに置く感じにすると、自然と止まる。

速度調整は、重心を体の前に押し出すと速度が上がり、徐々に体の中心に戻す感じで土踏まず辺りに置くと減速する。

その場で回転する時は、重心を体の中心に置きながら、ハンドルだけを左右に傾けるように操作する。

読むと難しいけど簡単です!
タグ:セグウェイ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。