七五三の着物

七五三の着物はどうするの?(隣の席の子からの質問)

今年還暦を迎えた母親が11月に上京して来る。
親族で食事会をするそうだ。

それはいいのだが、それに合わせて七五三をしたらどうかと嫁。

それもそうかと調べてみたが、いったい七五三って何??

いずれにせよ、子供の着物など考えなくてはならない。
七五三の着物ってどうせ一回しか着ないから、レンタルに
しようかどうか迷っていると…

何と義母が知り合いの呉服屋さんでもう購入済みだそうだ。
う〜ん、高価なものを買ってもらって申し訳ないと思っていたら
4万円のが1万円で買えたらしい。

七五三の着物ってそんなに安いの!?着物は済んだが
髪の毛をどこでやってもらうかだな。

七五三豆知識
千歳飴の製法には地方ごとに形状や色が異なる。
関東の千歳飴は水飴と砂糖を材料とし、鍋の中で140度程度の熱に達するまで煮詰めたのち鍋から取り出して平たく展ばして冷却する。硬化しはじめて柔らかい塊状にまとまった飴に均等に空気を混ぜるために飴の塊を棒に引っ掛け、引き伸ばしながら何層にも折り返す製白機と呼ばれる機械に掛ける。この工程により透明の飴に中に無数の空気の細い隙間が生じ乱反射して白く見えるようになり、千歳飴独特の舌触りの食感が生まれる。触ると火傷するほど熱を帯びた飴の塊を製白機から外し、手または機械で細長く伸ばし、平たい台の上で転がして均等な太さに成形し、適当な長さで切り口が欠けないように包丁を用いて叩くようにして切断する。伝統や格式を重んじる菓子屋では以上の手順を経て作った千歳飴を神社に納め、お祓いを受けてから店頭に並べる。wikipediaより

タグ:七五三
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。